Topics

電子書籍で夢の印税生活!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子書籍出版コンサルタントの松永弥生です。

私が「電子書籍を出版しました」と報告したとき、「印税生活ですね!」というコメントをいただきました。
これは私だけではなくて、出版した方はお約束のように言われているらしいです。

b96e57d14f05e0e4c4d974346de03fc2_s

「印税」は、これから本を出そうと考えている方にとって、一番気になるポイントかもしれませんね。

出版相談のときに、一番多い質問も「印税は、どのくらい入りますか?」です。

自分で全て手続きして、AmazonのKDPで出版をすれば、最大70%の印税が入ります。
一般的な出版社から書籍を出した場合は、10%と言いますから、KDPの印税は破格ですね!
これは、電子書籍を出版する人にとって、大きな魅力です(^_^)

「やったぁ~! 自分も本を出版すれば、夢の印税生活!」

と考えちゃいますよね。

日本より早くKDPがスタートしたアメリカでは、自分で出版して100万部を販売している作家さんもいらっしゃいます。電子書籍で印税生活を実現した人も、実際にいるのです!

ただ……

確率からいうと、宝くじよりも小さい数値になるでしょう。

紙書籍は、年間8万冊以上の新刊が発売されています。2013年にミリオンセラーは5冊。2012年は、たった1冊「聞く力~心をひらく35のヒント』(阿川 佐和子 著、文藝春秋」だけでした。

書籍って、ミリオンどころか重版されるだけでもタイヘンなんです。プロが書いて、プロの編集者が作って、出版社の営業が売ってもタイヘンなのが現実です。

本づくりのノウハウを持たない個人が、自分で原稿を書いて出版して、カンタンに売れるとは思わないほうが賢明です(苦笑

「じゃぁ、電子書籍を出版しても意味がない」と思われますか?

wsws_sangatsu私は、2014年1月に「ビジネスにつながる電子書籍出版: 企画構成から原稿の書き方まで、ライターがズバリ教えます! ウズウズ知恵の共有シリーズ」を出版しました。

月に数冊位のペースで売れています。

地味でしょう? (笑)

原稿を書くのに費やした時間を考えると、印税収入は全く割にあいません(*´▽`*)

だけど、それでOK! なのです。

元々、印税を目的に出版したわけではないからです。

私が電子書籍を出版したのは、自分が持っているスキルや知見を多くの方と共有するためでした。私が電子書籍出版サポートをするようになって得た経験や気づきを書籍のカタチで公表し、本を読んでくれた方に役立てて欲しかったのです。

情報を公開すると、自分の専門性をアピールできます。

その結果、私のところに、文章講座や電子書籍出版講座のセミナー依頼が入りました。その講座をきっかけに電子書籍サポートの依頼もはいりました。

電子書籍を出版して一ヶ月後には、大阪市都市型産業振興センター イメディオからセミナーのオファーをいただいたのです。

私は、電子書籍にはビジネスを補完するツールとしての価値があると思っています。
ブログやSNSでは伝えられない情報を、電子書籍で伝えられます。

それを多くの方に知っていただくのが、今の自分に課しているミッションです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. フリーライターとして10年以上、文章を書いてきていますが、最近、自分がプロジェクトを起こした体験...
  2. カフェイン断ちを始めて3か月が経ちました。
  3. インターネットが普及し、私たちは文章で自社のサービスや商品を自分の言葉で伝える場所と機会を得ることが...