Topics

ステップ4 読者のニーズと書籍のゴールを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ。マイメディアの松永弥生です。

あなたの本を出版するために、この企画書シートを役立ててください。

前回、読者ターゲットを絞り込みました。
今日は、あなたの本を読んだ ____ さんがどんな情報を必要としているか、読者のニーズとゴールを探りましょう。

————————————
■読者ターゲットを絞り混む
————————————
書籍に限らず、文章で何かを伝えるとき、
中心にいるのは読者です。

どんな貴重な情報、いい話であっても、
読者が必要として読みたい! と思わない限り
その話は伝わりません。

読者は、自分が知りたい情報や
自分の問題を解決してくれる文章を読みたいのです。

誤解を恐れずにはっきり言うと、
著者が自分の言いたいことを、そのまま書いても誰も読んでくれません!

そこで、ターゲットを明確にして
「_______ さんにとって役に立つ情報ってなんだろう」
「_______ さんが喜ぶのはどんなエピソードだろう」
と、先に考えておく必要があるのです。

前回、読者ターゲットの _______ さんは、
<%lastname%>が知っている人のほうがいいですよ と
アドバイスしたのは、このためです。

知らない人の悩みや困っていることは想像できませんよね。
日頃から知っている _______ さんなら、会った時のようすや
会話の中からヒントを探すことができるでしょう。

例えば……

痩せたい。でも、食べたい。
だけど、運動する時間がない。
リバウンドするのは、ぜったいにイヤっ

などと書けるといいですね。

もし、どうしても思いつかなければ、
_______ さんにお会いして、聞いてみるもいい方法です。

率直に
「今、@@@をテーマに本を書こうと思っているだけど、
@@@について知りたいことってある?」

_______ さんからいろいろと意見をいただくことができたら、
原稿を書く前から読者を一人獲得できたも同然です!

読者のお困りごとがなんなのか?
それを、原稿を書き始める前にきちんと考えておきましょう。

それでは、

6)___ さんが知りたい情報、困っていることはなんですか? 【ニーズ】

を書き込んでください。

読者のニーズを深堀りできたら、書籍のゴールも考えておきます。

あなたの本を読んだ___ さんは、どんな感想を持つでしょう。
___ さんが、なんて言ってくれたら、あなたは嬉しいですか?
あなたの本を読んだ___ さんに、どんな行動をしてほしいですか?

それを

7)あなたの本を読んだ ___ さんに言ってほしい感想  【ゴール】

に書き込んでおきましょう。

読者のニーズとゴールを意識して原稿を書けば、
読者にとって訴求力の高い情報をまとめることができます。

————————————
次回は、

あなたの本を読んだ _____さんにとっての
メリットを考えます。

————————————
▼このメールに関するコメント・ご質問は大歓迎です!
こちらからお気軽に投稿ください。
【問い合わせ】
http://mymedia.link/inquiry/

関連記事

ピックアップ記事

  1. フリーライターとして10年以上、文章を書いてきていますが、最近、自分がプロジェクトを起こした体験...
  2. カフェイン断ちを始めて3か月が経ちました。
  3. インターネットが普及し、私たちは文章で自社のサービスや商品を自分の言葉で伝える場所と機会を得ることが...