Topics

ステップ9 タイトルを決めて、本を出そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ。マイメディアの松永弥生です。

あなたの本を出版するために
電子書籍出版「書込み式・企画書シート」に記入してきました。
今日で、いよいよ完成します。

これまで12個の問いに答えていただきました。
いかがでしょうか? 
企画書シートはバッチリ埋まっていますか・

もしかしたら、最初にシートを見たときには、
「どうやって書いていいかわからない」と思ったかもしれませんね。

毎日、届くメールに沿って、ひとつひとつ考えていくと、
あなたの中から、答えが見えてきたのではないでしょうか?

誰かに質問されると、
それに答えようとして心と頭が動きはじめます。
すぐその場で見つからない答えも、一晩たってふっと閃くこともあります。

シートを書き進めるうちに、
あなたの思考が深まっているはずなので、
今一度、1~12を読み直してみてください。

しっくりこないところがあったら、書き足したり書き直したりしておきましょう。
ここで企画書を作り込んでおけば、後々の苦労を軽減できます。
時間を掛ける価値はあります。

そうは言っても、いたずらに一人で思い悩んでいても、前に進めなくなってしまいます。
煮詰まってしまったなぁ…… と思ったときには、
いつでもお気軽にメールやチャット相談にお申し込みください。

さて。
大丈夫! すべての質問に答えました!! という場合は、
いよいよ最終ステップです。

————————————
12)タイトル(仮)と締め切りを決める
————————————
あなたの書籍に、どんなタイトルをつけますか?

目次を作成するときに出てきたキーワードや、
既存本と差別化になるワードを上手に使い、
キャッチなタイトルをつけましょう。

ここでつけるタイトルは(仮)です。
なぜなら、
原稿を書いているうちに、もっとよいタイトルを思いつくことが多いからです。

「だったら、あとで考えてもいいよね」

と思われるかもしれませんが……。
やはり、(仮)でかまわないのでタイトルは必ずつけましょう。

タイトルを掲げておくことで、
執筆中にテーマからブレずに原稿を書き進められるからです。

13)あなたの本に、どんなタイトルをつけますか?【タイトル案】

を書き込みましょう。

————————————
13)出版予定日&締め切り
————————————
最後に、大切なものを決めます。それは……

出版予定日です!

電子書籍は、誰でも自由に出版できます。
逆にいうと、自分が動かなければ決して出版されません!

出版予定日も自分が決めないかぎり、誰も決めてくれません。

あなたは、何年何月何日にこの本を出版しますか?

私がクライアントさんのコンサルする際に、
この質問をした場合、圧倒的に多い答えは

「特に急いでいません」
「いつでもいいです」
「年内に出版できれば……」(打ち合わせがいつであっても)

です。

残念ながら、上記の答えはNG! です。

「いつでもいいから、出版できればいいな」と思っていたら、

どれだけ待っても、Amazonに著者としてあなたの名前が
掲載されることはないでしょう。

ご自身で「201X年X月X日に本を出版する!」と決めてください。

テーマに沿った記念日や会社の創業日などを
出版予定日にするのは、いいアイデアです。

なぜなら、
出版記念として販売促進がしやすくなるからです。
一番いいタイミングを出版予定日に決定しましょう。

14)この本を出版するのに、一番いいタイミングはいつですか? 【出版予定日】
     年   月   日

出版予定日が決まったら、そこから逆残して締め切りを算出します。

ちなみに、原稿が書き上がった後に行う作業は多岐に渡ります。
原稿の校正と修正は、もちろん必要です。

電子書籍にするためにWordや一太郎で編集。写真の準備。
Amazonにアップして、端末で正しく表示できるか確認。
……etc.
ここでは、ざっくりと書きましたが、
やることはたくさんあります。

ちなみに私はクライアント様には、
「出版予定日の40日前に原稿をください」と伝えています。
これをひとつの目安にしてください。

あなたが、出版サービスを利用せずに
自分で初めて電子書籍化するのであれば、
さまざまな情報や設定を調べながらの作業になるので、
もう少し余裕をみて、原稿の締め切りを決めてください。

出版予定日を決めて、
締め切りを逆算すると、次にやるべきことが見えてきましたね!

そうです。

さぁ、締め切りに向けて原稿執筆を始めましょう!

あなたの本が、Amazonに並んだら、ぜひ私にもご連絡ください。
微力ながら、ブログやサイトで紹介しあなたの本の販促に協力します。

あなたの著書を読むのを楽しみにしています。

————————————
次回は、最終回!

あなたの書籍にタイトルをつけます。

————————————
▼このメールに関するコメント・ご質問は大歓迎です!
こちらからお気軽に投稿ください。
【問い合わせ】
http://mymedia.link/inquiry/

関連記事

ピックアップ記事

  1. フリーライターとして10年以上、文章を書いてきていますが、最近、自分がプロジェクトを起こした体験...
  2. カフェイン断ちを始めて3か月が経ちました。
  3. インターネットが普及し、私たちは文章で自社のサービスや商品を自分の言葉で伝える場所と機会を得ることが...