Topics

Amazonトップページに、掲載!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が携わっている電子書籍出版プロジェクトから、出版された書籍の著者さんが、Amazonでクローズアップされました。

20150409

なんと、トップページに1/3サイズのバナーで表示。

バナーをクリックすると、著者インタビューのページで紹介されているのです。

地方の無名の主婦2人組が! です。
すごいでしょう?

このすごさって、編集者さんや商業出版の経験がある方の方が驚きが大きいと思います。

だって、Amazonで書籍総合1位をとっても、
こんな大きなバナーでアピールしてもらえませんから。
Amazonのスタッフがオフィスまでインタビューに来て、
特設ページで紹介してくれて、それがずっと残るんですから。

Amazon サクセスストーリー

私は、2年前に、電子書籍出版プロジェクト「ウズウズ出版」の立ち上げに参加したとき
「これは面白い!」
「地方でビジネスしている私達が、大きくアピールするツールになる」
と直感的に思いました。

私、この2年間、電子書籍を出版するメリットやその恩恵を
いろんな場面で実感してきました。

・長野の読者さんから発注がきた
・東京から本を読んだ人が会社を訪ねてきてくれた
・地方の商工会議所からセミナー依頼があった
・商業出版から声が掛かった
・商業出版が実現した(上記とは、別の方です)
・銀行の融資担当が即決してくれた(複数報告あり)
・TVや新聞の取材が多数きた
…etc.

本当に、いろんなことがあって、
そのたびに
「すごい!」
「よかったですね」
「嬉しいですね!」
と著者さんと歓びを分かち合ってきました。

だけど、今回のお話がAmazonからきたときには、さすがに驚きました。

たった1冊の電子書籍がきっかけになって、
地方で個人で仕事をしている主婦が、
Amazonのトップを飾り、特集ページが組まれるようなことがあるなんて。

全く、想像していませんでした。

電子書籍は、ほんとうに面白いです。

ブログやHPとは、全く、違うパワーを持った情報発信ツールです。
多くの方に電子書籍の持つ情報発信力を伝えていきたい!!
改めてそう思います。

取材は数ヶ月前になされており、掲載についても事前情報はあったのですけど、
Amazonからの箝口令で言えなくて辛かったでーす!

トップに1/3サイズのバナーは、本日2015年4月9日限定で、
明日以降は小さなバナーになるそうです。

それでもしばらくの間、Amazonのトップにバナーが掲示。

これが彼女達のお二人のビジネスにどんな影響を及ぼすか、
商業出版から声がかかるのか!? と、展開が楽しみです。

これからもいい電子書籍を出していって、

誰かにとって役立つ 知識・スキル・ノウハウを、
著者さんのために、
読者の方々のために、
世の中に送り出す仕事をしていきたいです。

電子書籍出版についてのお問い合わせは、お気軽にどうぞ(*^▽^*)

[お問い合わせ窓口]

関連記事

ピックアップ記事

  1. フリーライターとして10年以上、文章を書いてきていますが、最近、自分がプロジェクトを起こした体験...
  2. カフェイン断ちを始めて3か月が経ちました。
  3. インターネットが普及し、私たちは文章で自社のサービスや商品を自分の言葉で伝える場所と機会を得ることが...