Topics

お勧めの電子書籍出版代行業者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岡山の文章講座に参加くださった方から、
メールでご質問をいただきました。

今、原稿を執筆中で、
書き上げたら、電子書籍で出版をしたい。
お勧めの電子書籍出版代行があれば、紹介してほしい。

という内容でした。

電子書籍

電子書籍は、
AmazonのKDPを使えば、自分で出版できます。
マニュアルは、全て公式サイトに公開されています。

Kindle ダイレクト・パブリッシング

必要になるのは、
1)完成原稿
2)Wordの編集知識
3)表紙作成(jpgファイル)
です。

とはいうものの、2)、3) を自分で調べ対応するのは、時間が掛かります。
Wordの知識はまだしも、表紙はデザイナーにお任せするのが一番です。

完成原稿が既にあるのなら、出版代行サービスに持ち込まれるのがよいと思います。

最近、電子書籍出版 代行サービスは、いくつもできています。
私が知る範囲で、格安なところは3万円~ あります。
「電子書籍 出版 代行」などのキーワードで検索してみてください。

サービス内容は、各社違いますのでご確認ください。

私がお勧めするのは、ウズウズ出版です。

ウズウズ出版は、ベーシックパックが、
年間管理費込みで 153,400円(税別)。

ベーシックパックには、
・簡易校正
・テンプレートを利用した表紙
・弁護士による著作権法上の表記確認
が含まれています。

オプションで、校正や表紙のレベルをオプションでアップすることができます。
電子書籍は表紙で売れ行きが変わります。
読みやすい原稿を作成するためには、添削(校正)でプロの手を借りるのもよい選択です。

これまで、ウズウズ出版のサービスを活用された方の多くは、
・表紙をフルカスタマイズ
・校正(誤字脱字修正、首尾一貫性)
のオプションを選択されています。

オプションを追加した場合は、233,900円(税別)になります。

電子書籍出版代行の中では、価格設定が高めですが、
ウズウズ出版は、システムがしっかりしている点で、私は安心してお勧めできます。

実際、出版点数が多く、表紙のセンスもよいですね!
何よりも原稿を弁護士がチェックしてもらえるのは、出版するときに安心感があります。
格安の出版代行は、納品された原稿をそのままアップするところもあります。
また、印税の按分も、代行業者によって異なります。
サービス内容と価格をよく見比べて、ご判断ください。

せっかく電子書籍を出版するのですから、納得できるサービスを活用してほしいです。

私は、出版代行はいたしませんが、
書籍企画、原稿作成~書籍データ作成のサポートを行います。

電子書籍出版、紙書籍に対応できますので、必要でしたらご相談ください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. フリーライターとして10年以上、文章を書いてきていますが、最近、自分がプロジェクトを起こした体験...
  2. カフェイン断ちを始めて3か月が経ちました。
  3. インターネットが普及し、私たちは文章で自社のサービスや商品を自分の言葉で伝える場所と機会を得ることが...