Topics

エンパシーライティング@大阪。1年8ヶ月もお待たせしてしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「もっと、早く教えてほしかった!!」

先日、1年8ヶ月ぶりに大阪でエンパシーライティング・ベーシック講座を開催しました。3時間の講座中に、奈良からご参加くださった清水 裕貴さんから少なくとも5回、冒頭の「もっと、早く教えてほしかったーー!」とコメントをいただきました。

ほんっとうに、お待たせしてスミマセン。。。

清水さんは、理学療法士の資格を持つ整体師。今は、体の動きを科学する整体院「からだケアサポートゆいまーる」を運営しています。エンパシーライティング開発者の中野巧さん著書「6分間文章術」を読み、昨年夏から独学でエンパシーライティングを実施してきたそうです。

エンパシーライティングの講座を受けたかったけれど、大阪ではなかなか開催されていないので、GWに東京で開催される1day講座に申し込んでいたといいます。
ところが、1dayに申し込んだ後、大阪でベーシック講座が開催されることを知り、「少しでも早く学びたい!」と、私の講座にも申し込んでくださったと。

[心の声]
あの、それって私に対するハードル高すぎませんか・・・?

私は、事前にエンパシーライティングを活用してきた方には、エンパシーライティングのノウハウをお伝えしたことがなかったので、
「それ、本に書いてあったし」
「もう自分でやってるし、わかってる」
みたいに、「せっかく、講座にきたのに・・・」と、ガッカリされたらどうしよう。と、ちょっと心配。

若干……よりもかなり大きなプレッシャーを感じながら、エンパシーライティングのベーシック講座をスタートしました。

講座の中盤、これから行うワークショップの説明のため、デモンストレーションをしたところ、清水さんが満面の笑顔で、
「ここまでできていたら、カンタンですね!」
「自分でも、今みたいにスラスラと文章を組みたてられますよ」
と発言。

思わず私も釣り込まれて、「でしょ! そうでしょう」と素で応えてしまいました。

エンパシーライティングは、A4用紙1枚のチャートを使って、「文章の設計図」を作るところから始めます。

そう説明すると、未経験の方には、
「手間が掛かりそう」
「面倒くさそう・・・」
思われてしまうかもしれないけど。

頭の中にある混沌とした情報を、一度、書きだして整理するステップを入れることで、スラスラと書けるんですよね。
この気持ち良さと快適さは、体験してみないと判らない。かも。

独学では判らない、ちょっとしたポイントや大切なコツを伝えられてよかった! と、ほっとしました。

本を読んで半年以上、エンパシーライティングを実践し、東京に遠征して1Day講座を受ける! と決めている清水さんに、「本を読んで判ったつもりになっていたのと、全然、違う! 参加してよかった」とおっしゃっていただき、とても嬉しかったです。

さて。
「もっと早く受けたかった!」のリクエストにお応えして、次回の講座は、1年以上待たせたりしません!

開催日時:2017/06/23(金) 14:00~17:00
会場:イメディオ 応接ルーム(大阪南港 ATC)
受講料:27,000円 (税込)
定 員:8名

お申し込み:別ウィンドウが開きます。
お申し込み:エンパシーライティング・ベーシック講座(大阪)

関連記事

ピックアップ記事

  1. フリーライターとして10年以上、文章を書いてきていますが、最近、自分がプロジェクトを起こした体験...
  2. カフェイン断ちを始めて3か月が経ちました。
  3. インターネットが普及し、私たちは文章で自社のサービスや商品を自分の言葉で伝える場所と機会を得ることが...