Topics

伝える作法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面識のない方に、自分の都合でお願いをするときに、
定型フォーマットを送ってすまそうというのは、
賢いやり方とは言えないでしょう。

■フジテレビの取材申請ツイートが物議 これは“乞食”行為なのか?
http://thepage.jp/detail/20150611-00000005-wordleaf

自分の友人や、仕事関係者にお願いをするときには、
もう少し、血の通った文章になるはず。

メッセージを受け取った相手が、どう思うだろう
どう感じるだろう。
どんな頼み方をしたら、自分の依頼を快く受け入れてくれるだろう。

ブログやメルマガを書くときも、
そう考えて文章をつづるのって大切です。

私は、今、大阪を中心に文章講座を開催しています。
講座では、
前述のような「どういう視点で書くか」を大前提としてお話しています。

文章を書くのに苦手意識があって、
仕事でブログやメールを書くのに毎日苦労している方。
一度、プロのライターから、文章講座を受けてみませんか?

大阪と岡山の講座はすでに満席になりましたが、
6月29日(月)の東京開催は、まだ多少のお席があります。

お申込みは、下記のFaceBookページで「参加する」をクリックするだけです。
https://www.facebook.com/events/605792689556300/

関連記事

ピックアップ記事

  1. フリーライターとして10年以上、文章を書いてきていますが、最近、自分がプロジェクトを起こした体験...
  2. カフェイン断ちを始めて3か月が経ちました。
  3. インターネットが普及し、私たちは文章で自社のサービスや商品を自分の言葉で伝える場所と機会を得ることが...