夢の印税生活(^▽^)

「電子書籍を出版しました」と、友人知人、仕事関係者に伝えると、十中八九言われるセリフがあります。

それは……

「印税生活ですね!」

著者さんの多くがこのセリフを言われ、「返答に困るんです」と苦笑いしています。

実際、Amazonで電子書籍を出すと、紙書籍に比べて印税が高いんです。
出版社経由で紙の本を出すと、販売価格の8%~10%が印税です。

ところが、AmazonのKindleだと最大で70%の印税が入ります。

これはどういうことかというと……

出版社から1000円の本を出したとき
1000×10% = 100円

Kindleで300円の本を出したとき
300 × 70% =210円

えぇぇ!
出版社で1000円の本を出すより、Amazonで300円の電子書籍を出す方が2倍以上もお得!
1000円で電子書籍を出したら、印税は700円!!

すごいっ

やったー、これなら印税生活も夢じゃない!?

電子書籍出版を勧めるサイトには、300円の本が10,000冊売れたら210万円!!
なんて書いているところもあります。

計算、合ってます。そのとおり!

ただし……

1万冊売れたら、ね?

という計算です。

実際に、電子書籍を出版してみると、驚くほど売れないんですよ(苦笑

私も、電子書籍を出版しています。
我ながら、「いいこと書いているなぁ」「これから、電子書籍を出したいと思う人にお勧め!」「絶対に、役に立つ(^^)」と自信があります。

でもね、売れないの。

毎月、1冊か2冊、ひっそりと売れているくらい。
Amazonのセールに選んでいただいたこともあるけど、驚くほど売れないなぁ……。

トータルで1万冊いくのはいつのことだろう。

だから、印税生活は夢です。はるか遠い夢というか、幻のような夢です。

じゃぁ、電子書籍を出しても意味ないね。 というとそうではないんです。

私の本も、ビジネスにはちゃぁんと役に立ってくれました。
私だけでなく、出版した人達は「出してよかった!!」と言っています。

それは、最初から印税以外の目的で、電子書籍を出版しているからです!

続く。

松永弥生 について

電子書籍出版コンサルタント/ライター 雑誌の編集、印刷会社でDTP、プログラマーなどの職を経て、ライターに転身。三月兎のペンネームで、関西を中心にロボット関係の記事を執筆してきた。2013年より電子書籍出版に携わり、文章講座 を開催するなど活躍の場を広げている。
カテゴリー: 出版ノウハウ, 電子書籍の活用法 パーマリンク