Topics

文章を書くのが苦手なのは、あなたのせいじゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「文章が、上手に書けません」
「自分の考えたことが、書けない」
「上司に注意されても、どう直したらいいのか分からない」

文章講座にご参加いただいた方からは、
そんな悩みをよく聞きます。

書く 書けない

長年、悩んできたからでしょう。
皆さん、文章を書くことに苦手意識をもってらっしゃいます。

でも、それ、勘違いです。

多くの方は、文章を書くのが苦手なんじゃありません。
文章の書き方を知らないだけです。

だって、習ったことがないんですから!

「小学校の頃から、国語の授業があったから習っている」
「子どもの頃から作文や読書感想文は苦手だった」

そう思うかもしれません。

けれど、皆さん、小学校に入学した頃を思い出してみてください。

夏休みに、読書感想文や絵日記の宿題が出ませんでしたか?

今は事情が違うかも知れませんけど、
私が子どもの頃は、1年生の夏休みには絵日記と読書感想文の宿題がありました。

4月に入学して「あいうえお」の書き方を習い始めたばかりで、
7月後半の夏休みの宿題が、読書感想文……

ちょっと、先生?
まだ、読書感想文の書き方、教わってません!

当時はまったく気づいてなかったけど……(笑
習っていないのに、宿題に出されたんだから、これって無茶ですよねぇ。

たとえて言うなら、
泳ぎを教わったことのない子をいきなりプールに放り込んで
「さぁ、泳げ!」って感じでしょう。

必死でジタバタと手足を動かして、プールサイドに上がったら
「もうヤダ! プールなんて嫌いっ」
となるのは、当たり前ですよね。

私の場合は、作文は得意でした。
幼稚園の頃から、ご飯を食べるよりも本を読むのが好きな子どもだったので、見よう見まねで文章も書けたんですね。

おかげで文章を書くことに、苦手意識を持たずに大人になれたのですが……。

実は、ライターの仕事をするようになって、

「書けない!」
「何を書いていいか分からない」
「ど、どーしよー・・・・」

というパニックに陥ったことがあります。

「あります」というよりも、毎回、書けなかったんです……。

それまでの私は、友人から「文章が書けない」と相談されても、
「書けない」というのがどういう状況なのか、まったく理解できず
「考えたことを書けばいいんじゃない?」と、ピントの外れた返事をしていました。

自分が書けない状態になって、ようやく、友人の気持ちが分かったのです。

それから、仕事が入るたびに、なぜ書けないんだろう。
どうやったら書けるんだろう。

と、試行錯誤を繰り返してきました。

書けないのには、原因がありました。
文章を書くための準備が必要なことも分かりました。

私がライターの仕事を始めた頃は、
また、世の中に文章の書き方を解説した本が少なくて、
自分で必死になって、考えたり工夫したりしてきました。

文章読本の類いを見つけると、すぐに購入して、勉強しました。

そうやって、書けずに悩んだ時期があったから、
今は、かつての私と同じように悩んでいる方に、伝えることができます。

文章を書くのが苦手なのは、あなたのせいじゃありません。
書き方を知らないだけです。
ポイントとコツを知れば、大丈夫!!

って(^^)

関連記事

ピックアップ記事

  1. フリーライターとして10年以上、文章を書いてきていますが、最近、自分がプロジェクトを起こした体験...
  2. カフェイン断ちを始めて3か月が経ちました。
  3. インターネットが普及し、私たちは文章で自社のサービスや商品を自分の言葉で伝える場所と機会を得ることが...